たかじん
http://kakureota777.blog129.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【C91】冬コミについていろいろ雑談
2016-12-26 Mon 17:52
「夢に出てきた風景を絵にしたいんだよ」
今回の冬コミ本はそんなひと言からスタートしました。


おはようこんにちはこんばんは、たかじんです。
冬コミ直前ってこともあって久しぶり(半年ぶり)のブログ更新ですよ!
相変わらず全然更新されないスポンサー広告常時トップな存在意義を疑問視してしまうようなブログデスが、はたしてどれだけ需要があるのやら。。

とりあえず冒頭いきなりなに言いはじめてんだよって感じなので宣伝から、

wingheartさんのサークル『Will be Here』新刊にて、オリジナル本の文章執筆しました

はい、いつものやつです。
日にちと場所は「3日目東7b-01b」。詳しいお品書きは本人ブログに書くと思うので、「whさんブログ」を読んでください♪

さて、宣伝したところで冒頭の台詞にもどりましょう。

――――――
――――
――

このサークルを知ってる人なら「オリジナル本……だと……?」ってなってるかもしれませんが、はい、オリジナルなんですw
オリジナルのイラスト本は本人がよく描いてらっしゃるけど、今回のはキャラから世界観まで、物語としても作り込んだオリジナル本になります。ぶっちゃけこのままゲームとかにもできるんじゃね? ってくらいのw

さらに付け加えると始動が今年の夏くらいからだから、半年くらいかけてのオリジナル本ってことになるかと。こんな長期スパンで作った同人誌初めてだよ……実際はお互いリアルがドタバタしすぎてこれだけ延びただけって気もしますがw


①夢を正夢に
ここで冒頭の台詞に戻ります。
これ、言ってよかったのかわからないんですが(おい!)、このオリジナル本、whさんが夢に出てきた風景がすごく感じよくて、絵に描きたいって言いだしたところから始動してたりします。

いやもうびっくらこいたよ。朝コメダでカフェインきめてたら急にこんなこと言いだすんだもん。
なに? コメダで紅茶きめちゃった? 英国面に落ちちゃった? とか本気で思ってみたり。。

ここで僕にお願いされたのが「ふわっとしたイメージしかないから、キャラシート5~6人分と世界観と冒頭のストーリーを作って!」というもの。本人もいくつか描きたいものは決まっていたけど、それ以外のものが決まってなかったみたいで、何度も話しながら雰囲気を完成させていったって感じです。

ぶっちゃけここから次の工程に行くまで3~4か月あった気がしますw
それくらいお互いふわっとしたイメージしかなくて、whさんがイメージキャラ描いては後追いでキャラシート作ったり、文章書いてるうちに「こっちの方がいいかも」と背景変更したり、外から見たらなかなかのグダリ方だったと思いますw

一緒に同人誌作って長くて、お互いどんな感じのものをイメージしてるかがわかっていたから形になったんだろうかなぁとか、今になって思ってみたり。。

そんな感じで牛歩とはいえ着実に前進し続けた結果、次の工程に移ります。

②TOKYO POP GUIDEに掲載される

待って聞いてないッ!!

ビックリしたとかそんなレベルじゃなかったw
いや、何かしらの本に掲載される~的なことは聞いてたんですけど、別の雑誌と勘違いしててですね。
あ、この本は『東洋美術学校』さんが作ってらっしゃるものです。あいさつにも伺ったのですがまさかこんな形で繋がるとは……。
ちなみにその本がこちら↓

S__4407339.jpg


とにかく、それまで僕とwhさんだけがわかればいいキャラシートだったため、わかりやすくまとめた物がそのまま掲載されてます。
そのあとも色々なコンテンツで使われ、一気に企画が動き出したって感じがしていました。

ちなみにこれ10月くらいの話です。
それまでゴジラ映画に盛り上がったいきおいで街の中にシン・ゴジラ描いてみたり、ビルの上からグライダー飛ばす無茶振りを通すため企画書に設定をこっそり差し込んだりと、まだ遊び心があったのだけれど、これ以降一切なくなってガチ作業に移っていきますw

③12月は忙しい(白目)
さーやることはたくさんあるよ! やったねタエちゃん!
ページ数決めて、台割り決めて、記載するもの決めて、表紙はどんな感じにするか決めて、お互いのやりたいことをすり合わせて、決めて、決めて、決めて……

ただ今回いつもと違ったのは、イラストはすでに表紙以外できていたけど記載する文章がなくて、僕の作業が多かったところ?
最終的に会話で世界観を説明する形式になりましたb 

てなわけで表紙ちらっと……
本家さしおいて先行公開ですb(おい


コミケ表紙 C91


妹ちゃん可愛いよ妹ちゃん。
黒髪ロングの妹キャラにかける彼の情熱は底知れぬものがあると思うの(白目

いやぁ書いてて楽しかった!
○戸さんのキャラクターの素晴らしさにうわぁーーってなることもなく、君嘘のそこらじゅうにある金髪少女の影にうわぁーーーってなることもなく、ほんま自由。いや、あれはあれですごく楽しいんだけど、心労が半端ないんですわorz 
いつもみたいに強烈な作品を見てモチベーションの限りをぶつけるのとは違う、一からくみ上げ形になっていくあの感じ。また違う楽しみ方だったなぁと思いました♪

そんなわけで、冬コミオリジナル本は3日目東7b-01b、「Will be Here」にて頒布です!自分で言うのもなんですが、とてもわくわくできる一冊に仕上がったかと!
それでは長々と書いてしまったブログもここで筆をおかせていただこうかと思います。
でわでわ~、またどこかでぇ~


PS
た「……」
w「たかじんさん、たかじんさん」
た「ハイハイナンデスカー(予定調和」
w「冬コミ本は設定本みたいになったじゃん?」
た「せやね、世界観の説明とかキャラの説明で終わった感じはあるし」
w「だからさ、夏コミで本格的なの作らない?」
た「というと?」
w「うん、こんな感じの企画をだね――」
た「――……」
w「とりあえず話し一本書いてくれると嬉しいなぁって」
た「――……」
w「嬉しいなぁって」
た「ふぇえぇえん」

注)会話はあくまでイメージです。実際のwhさんは裏表のない素敵な人です。
スポンサーサイト
別窓 | コミケ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
【C88】夏コミについていろいろ雑談
2015-08-04 Tue 21:59
皆さま、暑中お見舞い申し上げます。

暑い日が続きますがお元気でしょうか?
私たちはダメっぽいです。この猛暑とは裏腹に寒々しい財布の中を見てため息をつく毎日でございます。
数年前まではそりゃーもうコミケ前ということもあり、半年コツコツためた貯金のおかげでもっとも財布が温まっているはずなのに、諭吉先生が一人も居ないとはこれいかに。香港でも企業並んだだけで息切れしてその日のホテルは泥のように寝ていたこともあり、コミケ戦士もそろそろ卒業かなぁなどと思う今日この頃ですorz

はい、実にならない雑談はこの辺にして、
というわけでお久しぶりです。ブログの存在をここ最近忘れていたたかじんです。

まぁ何を書くってこの時期だと一つしかないですよね。

wingheartさんのサークル『Will be Here』新刊にて、冴えない彼女の育てかた本の文章執筆

はい、これでコミSPで桜木さんとの合同を合わせれば三つ目となるビジュアルノベル同人誌の告知です♪
場所は、なにやらオリジナルは西館になってややこしくなっていますが、変わらず東にありますのでご安心を!
3日目東セ-11aですb

……よし、とりあえず場所とやったことは書いたから体裁は整えた。
ここからはいつもの作業裏話などを少々。
詳しくは『whさんのブログ』を読んでください♪

ってなわけで↓本文↓

――――――
――――
――


また丸戸先生の作品かよッ!!


――っと、お思いの方もいらっしゃるでしょう。
そうだよそのとおりだよ!

だって好きなんだもん! あのキャラを徹底的に惚れ込ませた後に夢も希望も僅かにある状態で宙ぶらりんにしていく生殺し感とかもう最高だよ。いっそ夢も希望も無くなれば救われるとかなにその救いのない世界!

まぁ文字書いてる時よりかはましだと思うけどね!
背後から襲いかかる納期! 何度書いても納得いかず原稿はいつでも徹夜明けの朝日と同じ真っ白! 
国語の問題で「この時の作者はなにを考えていたのかをのべなさい」とかあったけど、あれ絶対「納期ヤバい、書けなくてヤバい」とかだよ、賭けてもいいわ。

っと、このまま暗黒面をタラタラ書いてもいいけど、そろそろ来てくれた皆さんが飽きて帰られる頃合いかと思うので自重しますorz
とりあえず作業風景どうぞb

①納期が早まる
しょっぱなからこれですよ!
いや、仕方ないんだけどね! 仕方ないんだけど、一番最初! 打ち合わせすらしていない! 冴えカノ本になることだけわかってる状態で! 一番初めの連絡が!

w「文章今月中に出来る?」

はねぇだろと!
いやぁビックリした。ビックリしすぎてメッセージ二度見したわ。。

とりま、新人書き上げたばかりだったことも幸いして時間はあったのでオーケーと言いましたが、ここからが地獄だった。。
まずね、ネタが決まらないの。全文五千文字程度なのにそれ書くだけでメモ帳換算五百Mバイトくらい書いた気がします\(^ω^)/

しかもちょうど奴がスイス行ってた頃に重なっていたので、飯テロならぬ写メテロしてくるは、ストラスブール行ってくるとか言いだすわ、挙句ごちうさの聖地までッ! 
怒りを意欲に変えてタイピングに没頭すること一週間。なんとか彼が帰ってくるまでに書き上げられたのでよかったものの、今までで一番完成する気がしない文章でしたorz

②話し合いはコンパルで
お馴染み、会議室ことコンパルです。
ただ今回違ったのは、whさんのモチベーションがおかしかったこと。
いままでも十分すごかったけど、今回は輪にかけてすごかった。なんでも書き上げた文章が触手に触れたらしい。

w「秒速5センチメートルの踏切、わかる?」
た「あ~桜の並木道みたいな光景バックにしてる?」
w「そう」
た「……まさか、冴えカノの出合いの坂道とかけて?」
w「それもあるけど、いつか実力がついたら描こうと温めたのがあるんだよ」
た「お、おう」
w「――それを描く」

どんだけ気合い入ってんだよ!

いや、ほんと。すごかった(小並感
背景が出来上がっ見せてもらった瞬間、素人目にもカロリーの高さがわかったよ。。

これはもう余計なこと言わない方がいいと、修羅のごとく描くwhさんを待つこと数日。
キャラをどうするかとか挿絵はなにを選択するのかを決めるために、あと三回くらい腰を据えて話して完成形を摺合せをしました。
WA2とは違って同時進行してなかったことと、「文章はこれで完成してるから書き直しダメ!」と止められていたこともあって、ここで決めておかないと二度手間が発生すると思って、かなりガッツリ話し合ったのを覚えてます。

とまぁなんだかんだで軌道に乗り、次のフェイズに移行します。

③イラストに文字を乗せる
今回はWA2本より千文字近く増えてしまったこともあって、言葉回しの調整や改行のポイントを工夫しないと、イラストと重なることになります。なので実際に置いてみて修正個所をピックアップするのですが、何度も原稿を見ていると、そのうち該当のページ数を言わず、シーンのイメージで話すようになるんです。

たとえば「倫理くんのシーンが~」とか「負け犬のシーンは~」とか。
それが最後の方になるとお互いにしか伝わらない名前になることがあるのですが、傍から聞いたらどう思われるのか、ものすごっくきになる単語が飛ぶこと。。

た「ここのWA2パロはこうしたほうがいいと思うんだけどどう?」
w「いいんじゃない? っていうかすんごい濃い一枚なるぞこれ」
た「それな。もはやWA2パロっていうか丸戸パロ?」

とか、

w「丸戸パロはここ修正して」
た「うぃ」
w「倫理語り改行場所も修正して」
た「うぃ」
w「あ、ロリリは無修正で」
た「をい」

とか、軽く思い出しただけど酷い造語がw
どのシーンのことを言っているのかはぜひ買って察してくださいm(_ _)m

④もうゴールしてもいいよね?

紆余曲折の果てになんとかほぼ出そろい、予定通りならこうしてブログを書いている時点で八割くらい完成している頃合いでしょうか。少なくとも無事完成の目途がたっているはずです。

いろいろありすぎてあっという間だった。。
完成原稿としては一万に満たない文章量ですが、逆にそれだけ圧縮しなければならないため、全文を考えると氷山の一角にすぎません。そのためか同人誌というのは本当に勉強になります。
このビジュアルノベル同人がなかったら、去年の今ごろからさほど成長できていないのではないだろうか? とすら思います。
いつまでできるかわからないけど、できる限り続けていきたいなぁと、改めて思い知らされるひと月でした。

……な、なんか真面目な感じで締まってしまった!
とにかく! そう言うことなので、夏コミ『冴えない彼女の育てかた』ビジュアルノベル同人誌、『Purification vol.2』は3日目東セ-11aにて頒布です!
是非買ってください♪

それでは、長々と書いてしまったブログもここで筆をおかせていただこうかと思います。
でわでわ~、またどこかでぇ~


PS
た「あ~書き終わった~」
w「たかじんさん、たかじんさん」
た「うん、もうこの流れ知ってた」
w「次はなにしようかって考えてんけどさ」
た「次って、もう丸戸さん作品言ったらこんにゃくとかちょっと昔で、今の高校生とか詳しく知ってる人は少なくない?」
w「うん、だからこれとかどう?」
た「どれどれ――……え?」
w「丸戸さんクラスの作家さんで俺らが好きな作品って言ったら、これでしょ?」
た「待って! こ、このお方だけは! このお方だけはマジ勘弁してッ!」
w「まだ連載してるけど、ラノベ好きならほとんど知ってる作品だし」
た「だから待ってって!」
w「俺、ほんとこの主人公好きなんだぁ」
た「あんた相談してるけど話し聞く気ないんだろ! そうなんだろ!」
w「……やるよね?(ニッコリ」
た「……」
w「やるよね?(ニッコリ」
た「ふぇえぇえん」

注)会話はあくまでイメージです。実際のwhさんは裏表のない素敵な人です。

別窓 | コミケ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
【C87】冬コミについていろいろ雑談
2014-12-19 Fri 07:17
やー久しぶりだね!

いや……うん、どんだけ久しぶりなんだってね。
更新見たら前回12月ですよ。1年前ですよ。どんだけ放置してるんだと言う話ですよね(白目

でもね、言い訳させてほしい。
思い出すと精神的なダメージがわりとシャレにならないからボカすけど、この1年は怒涛だったんです。
引っ越しやら執筆やら仕事やらアニメ見たりやらラノベ読んだりやら、それはそれは忙しくて寝る暇もなかったんです。

最近は自宅警備員ならぬコメダ警備員と言う崇高なお仕事に就職。
コーヒー一杯で10時間店長さんの白い目を跳ね返し続けるだけの簡単なお仕事です。
だんだんと白い目も向けられ続ければ馴れてくるから人間の適応能力はすごい。
だからそろそろ原稿が真っ白でも気にしないメンタルをください。いやほんと(白目


さてはて、どうでもいいお話はそろそろにして、
これを眺めている皆さんがもっとも気にしていることについて書いていこうと思います。
もうね、ビシビシ「早くしろよ」って声が聞こえてきてます。はい。


wingheartさんのサークル『Will be Here』新刊にて、WHITE ALBUM2本の文章執筆




はい、お馴染みwhさんのサークル(場所は冬コミ3日目火曜日・東〝マ〟ブロック24b)で文字を書かせていただきました。

……どうしてこうなったッ!?

いやほんとどうしてこうなったんでしょうね。
一緒に飯とか食ってるとただの気のいいアニキ(♂)って感じなんですけど、他の方と一緒した際
「wh先生!」「師匠!」「whさん、そろそろイラストを上げて(ry」という声を聞くと、
「ああ~この人すごい人なんだなぁ」と蚊帳の外で鼻くそほじくってるしかやることがないくらいすごい人なのに。

だからと言うわけじゃないですが、新人賞の応募を1か月止めて、全神経を同人誌へつぎ込んでいますw
皆さんのカバンに胃薬が常備薬として入れば幸いですm(_ _)m



詳しい内容は当人のwebに書いてくれると思うので(丸投げとも言う)、わざわざこんな辺鄙なwebまで来てくれた皆さんへのお礼も兼ねて、言っていいとだけを抽出し作業風景などを暴露していこうと思います。


①話し合いは喫茶店
名古屋県愛知市(←誤字じゃない、マジこの辺こんな感じだと思う)の住人は基本喫茶店ジャンキーです。

ゆえに、打ち合わせは喫茶店が基本! ってなことで自分はタブレット、whさんはノートPCに板タブで描き描きしつつ、同人誌のすり合わせを行いました。
ここでだいたいの構成は決めた感じです。

お互い譲れるところと譲れないところを笑顔で話し合いつつ、内心「それ必要?」などと目で会話してました。
うん、目は口ほどにものを言うって言いますが、正確には超おしゃべりです。
口で笑い目が笑ってないとかよくある話でしたよアハハハハ! マジごめんなさいorz


②話し合いを元に材料を揃えます
今回の同人誌は、
私が文字書く→whさんイラスト描く→イラスト映えするように文字整える

ざっくりこんな感じのスケジュールでした。
まぁ『でした』なんて過去形で書いてますが、このブログが上がったあたりではwhさんはまだ地獄の窯の中で煮えたぎっていると思うので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
面白いラノベでも差し入れして作業妨害しようかしら?

話しを戻し材料集めです。
この同人誌は天照大丸戸神と崇め奉られるシナリオライター『丸戸史明』先生執筆。
WHITE ALBUM2を原作にした二次創作です。

物語を端的に言うと、ヒロイン《雪菜》と《かずさ》が主人公《春希》を取り合う、昼ドラみたいに血は出ないけど、プレイヤーが血を吐くゲームです。
もっと簡潔に言うと『前門の雪菜、後門のかずさ』です。逃げ場はありません。

ついでに言うとアニメ化は今年の出来事ですが、原作は何年か前の物です。
つまりそれだけコアなファンと私のようなアニメ勢が混同し、熱い論争が繰り広げられている作品でもあります。

有名な話では関東は雪菜派が多く、関西はかずさ派が多い。
イラストレーターは雪菜派が多く、ライターはかずさ派が多い。
そしてダブルヒロインさえ時に飲み込む、ラスボス飯塚派!
飽くなき闘争は今も続いている! らしいです。ちょっと調べるとすぐ見つかるので調べてみては?

書くに当たり問題は、この丸戸先生はとにかくべらぼう素晴らしい文章を書かれるお方だと言うことです。 
どれくらいすごいかというと、彼が物語を書くとそのことごとくが名作になる、物書き界のさすおにマンです。

そんなお方の作品に柔らか戦車よりも脆いメンタルと、タマネギ戦士より平凡な文章しか書けない私が、超美麗飛ぶ鳥を落とす新世代イラストレイヤーwhさんのイラストへ文字を落とす。
さながら名画に墨汁を垂れ流すようなものです。マジ勘弁してください。

ストーリーに胃をやられ、プレッシャーに胃をやられ、「たかじん?誰?」とか「たかじんのブログキモッ!」とか「うわぁ、こいつの文章ないわぁ」と言われないか戦々恐々としすぎて胃をやられ、今ではキャベジンは恋人です。もう離したくありません。最近キャベジンの瓶の曲線美が艶めかしく思えてきました。たぶん末期です。

そんなこんなで文字が完成。次に移ります。


③whさんとどんなイラストにするか話します
ここから本格的に同人誌作成が開始されたと言って過言じゃないです。
まぁですが文字書きが貧弱なので……、

た「う、whさん。ごめんなさい。雪菜さんがうまく煮詰まらないのでもうちょっと時間ください」
w「あ、いいよいいよ。先に他のシーン描くから」
後日、
た「う、whさん。ごめんなさい。雪菜さんがうまく煮詰まらないのでもうちょっと時間ください」
w「あ、じゃあ予定変更してこっち先描くね」
さらに後日、
た「う、whさん。ごめんなさい。雪菜さんがうまく煮詰まらないのでもうty」
w「あ、はい」

仏の顔でも三度までしか耐えられないのに、whさんは五度くらいまで耐えてくれました(白目
というか雪菜ってヒロインが鬼門すぎますよ。どんだけ難しいんですか。
あんた作中だと学園のアイドルだろ。夢見させろよ、悪夢見せんなよ。

このころにはゲーム序盤の模写を終え、PCのWHITE ALBUM2汚染が加速しだします。
それこそ『大切な人』と書くと『耐雪菜人』とセンス抜群のエキサイト変換しだすくらいです。
耐える人雪菜ですか……ちょっと本気でWindowsOSの再インストールを検討した瞬間です。

とまぁ順調(?)に作業は続き、次のフェイズに映ります。


④二人とも暴走しだす

今にして思うとお互いWA2をプレイしすぎて、特にアニメラストの『見せつけキッス』を見過ぎて、精神に異常をきたしていたのかもしれません。

た「これとかよくね!?」
w「ウェーイ! じゃあこんなのも足しちゃう?」
た「ウェーイ! じゃあじゃあ……」

無限ループって怖いです(ガクブル
とまぁ予期せぬ作業を強いられたり強いって見たりと、傍から見たら殴り合って喜ぶ、K-1 WORLD GP 2001 in 福岡マーク・ハントvsアダム・ワット張りに狂った状況になっていきました。

やたらとwhさんから雑コラが飛んでくるようになってきて、もうダメだ、おしまいだ。てなもんです。
このころになると私も悟りを開き、
「まだだ、まだいける! 俺が滑っても、俺がこけてもきっとなんとかしてくれる! wh神が!」
他人任せに開眼しました。

……あ、いえいえ。本気で書きましたよ? マジですからね? ただ逆立ちしすぎてバク宙しても丸戸先生の文章に釣り合う文を書けるわけがないと、さすがに悟っただけです。人間諦めて大人になるのです。


⑤そして幸せの向こう側へ
文字ができ、イラストがあがり、レッドブルよりキャベジンの瓶で山を築きながら、家のコピー機でどんな感じか見てみた。

――のがつい先ほど。
いやぁ……ねぇ。ほぼいきかけました。
そのいきかけた表紙と中身を少し↓


表紙だよ~

中身だよ~

上記イラストが表紙。
た「表紙はどうしよっか?」
w「やっぱりインパクトいるよね?」
w・た「「じゃあこの2人しかねぇだろ」」
まったく迷いなくキャラは決まりましたね。
多分クラスターをチンしに行ってますw

下記イラストは中身。
キャラなし、雪の町、140字以内のプロローグだけなのですが……これだけで相当なインパクトですorz


この記念すべき日に、名古屋一帯が12月観測史上2番目になる大雪になったのはどういった運命なのでしょうか。
WHITE ALBUM2では大切な分岐点には必ず雪が降っていたので、きっとどこかでリア充が爆発してますよザマみろ。

なんにせよテンションあがりました。
思わず書くきっかけになった場所に行き写メするくらいテンションマッハです。
深夜の猛吹雪の中、狂ったように笑い声をがなりたて、空を激写するいい大人がそこに居ました。
よく警察にイカしたブレスレットと温かいかつ丼を食べさせられなかったものだとしみじみ思います。



そんなわけで、冬コミ3日目火曜日・東〝マ〟ブロック24bにて、WHITE ALBUM2同人誌販売です。
冒頭でも言いましたがもう一度刷り込んでおきます。
冬コミ3日目火曜日・東〝マ〟ブロック24bですよ、冬コミ3日目火曜日・東〝マ〟ブロック24b

まぁこのブログを見てる方がいらっしゃったら、身内を除き冬コミ後になる可能性の方が高いでしょうがw

それでは、長々と書いてしまったブログもここで筆をおかせていただこうかと思います。
でわでわ~、またどこかでぇ~


PS
た「あ~書き終わった~」
w「たかじんさん、たかじんさん」
た「はいはいwhさんどないした?」
w「ビジュアルノベル描いて思ったけど、ラノベみたいで面白かった!」
た「あんさんいっぱい描いてるもんなぁ。お手の物でしょw」
w「だから短編ビジュアルノベル、シリーズ化したいなぁ」
た「……………………ん?」
w「次は冴えカノ、とか? ほらアニメ化するし!」
た「あの……それも天照大丸戸神様の作品なのですがそれは」
w「サークルメンバーだよね?(にっこり」
た「ふぇえぇえん」

注)会話はあくまでイメージです。実際のwhさんは裏表のない素敵な人です。

続く……かも。
別窓 | コミケ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 井の中の蛙、持てる力を持って大海へと手をのばす |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。